スポンサードリンク

今年11冊目の本☆

「好きなことだけやって生きていく」という提案 「これから活躍する人になる」34の方法 [ 角田陽一郎 ]

角田陽一郎さん

1970年千葉県生まれ。1989年千葉県立千葉高等学校卒業。1994年3月に東京大学文学部西洋史学科を卒業。4月に株式会社東京放送(現:TBSテレビ)に入社。

制作局バラエティ部でAD・ディレクターを経たのち、メディアビジネス局デジタルビジネス推進部 兼 制作局制作一部所属。2016年12月31日退社。

バラエティ番組の企画制作をしながら[1]映画監督やネット動画配信会社goomoの設立やスマートフォンアプリ「カテゴリン」の制作、ACC CM FESTIVALのインタラクティブ部門審査員[2]など新しいメディアビジネスをプロデュース。3つの質問で人間の思考や行動の”型”を分析する[3]人間関係分析学「カテゴライズド」理論発案者。現在はバラエティプロデューサーとして活動。

 

プロデューサーのかた。

好きなことって何か分からないとか、自分って何者?とか思っている人がいたら、読んで欲しいと思います!

好きな事が今ないのなら、増やせばいい!

何事にも興味をもってみることが大事。

何事にも興味がないなんて勿体無い!!

人からオススメされた物は、何が何でも一回やってみるといい!

 

とかとか、書いてます(^^)

 

観て、納得!

 

趣味がない、何が好きか分からないとか相談してくる人に限って、

「そんな事してなんの意味があるの?」

って聞いてきたり、

「それ面白いの?」って聞いてきたり。

 

それ聞くなら、自分でやってみればいい!

その人には合っていても、合わない場合もある。

けど、やってみないことには分からない。

 

頭の中で考えるのと、実際やってみるのと大違い!

 

経験して、合わなければ、やめればいい話で。

 

さんまさんや、西野さんを尊敬しているのもすっごい伝わってきたのもなぜか面白く感じた(笑)

 

 

【おじょー的採点】

読みやすさ:★★★★★

読書時間:60分(おじょータイムです)

※人より少し早いかもしれません。楽読で身につけた速読術があるから☆

 

おじょーLINE@で(ほぼ)毎日配信中♥

読者からは「私のこと見てたん?」とかタイムリーなものを配信していると人気✩

一度ご登録を(´∀`)
友だち追加

またはお友達登録から【@uqw3979e】で検索\(^o^)/

スポンサードリンク